« 講演:読売新聞東社 | トップページ | 高崎にて講演 »

2020年1月 3日 (金)

読売新聞朝刊にコメントが掲載されました

少し前に話になりますが、昨年末のクリスマスの日 (2019年12月24日)、読売新聞の朝刊1面に『「紙で読書」能力高め』という記事が掲載されました。国立青少年教育振興機構が5000人を対象に実施した調査の結果、電子的に読書する人よりも紙で読書する人のほうが、主体的行動力、批判的思考力、自己理解力が有意に高いという結果が得られたのだそうです。

ただし、その理由は不明でり、メディアの専門家の見地から、その結果の解釈にコメントが求められました。読むためのメディアとしての現状の電子メディア (スマホ、タブレット、コンピュータディスプレイなど) の問題点を指摘し、「現状では、じっくり読んで考えるには紙のほうが適しているだろう」とコメントしました。この見解が「紙と電子媒体の違いを科学的に研究している富士ゼロックスの柴田博仁・研究主幹(情報学)」として、記事の最後に掲載されました。記事の全文は読売オンラインの記事『「紙で読書」派、進取の意欲や多面的な思考力高め』で閲覧できます。

記事の掲載については、家族と会社の関係者以外の誰にも連絡していませんでした。それでも、読売新聞を購読しているという知り合い数名から「見たよ」という連絡をいただきました。発行部数が減少しているとはいえ、マスメディアとしての新聞の影響力はまだまだ強いのだと実感しました。

義父については、1面に電子書籍の記事を見つけて「柴田君の研究だ」と記事を読み始めたようです。そしたら、唐突に記事の最後に掲載された私のコメントを見つけて「うぉー」となったようです。ありがたいことです。

記事への私のコメントの掲載は、前日の夜に新聞社から連絡をもらって知っていました。当日、駅で新聞を購入して見てみたら、1面に読書の記事です。後半の文化欄に記載されるものとばかり思っていたら、いきなり1面に私の名前が。自分の名前が大きく目に飛び込んできました。嬉しいクリスマスプレゼントをいただいた気分です。

ウェブで関連記事を検索してみました。Yahooニュースや学習塾が記事についてコメントしています。


個人ブログでも記事についてのコメントが見られます。

« 講演:読売新聞東社 | トップページ | 高崎にて講演 »

新聞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 講演:読売新聞東社 | トップページ | 高崎にて講演 »

2023年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31