« 書籍出版『Why Digital Displays Cannot Replace Paper』 | トップページ | 読売新聞朝刊1面にコメントが掲載されました »

2020年11月30日 (月)

第1回インダストリアルAIシンポジウム (SIAI2020) ご案内

人工知能学会主催、名古屋市共催の第1回インダストリアルAIシンポジウム (SIAI2020)が、以下のとおり開催されます。12月15~16日の日程で、オンラインでの開催になります。私もシンポジウムの運営に携わっています。

基調講演はSony CSL社長の北野氏に、ターニングポイントを迎えているAIの今後について語っていただきます。AIの産業応用を目的としたシンポジウムで、音楽から、ゲームから、製造業から、医療から、社会倫理まで、AIの幅広い応用が一度に聴ける充実の講演内容になっています。

参加費は人工知能学会員または名古屋市民が2,000円、一般が4,000円、学生は無料です。ふるってご参加くださいますようお願いします。参加申込はこちら

【会議】
名称: 第1回インダストリアルAIシンポジウム
~AIをどう使いこなして、イノベーションを実現するか~
The 1st Symposium on Industrial applications of Artificial Intelligence (SIAI 2020)
HP: https://www.ai-gakkai.or.jp/siai/
主催: 一般社団法人 人工知能学会
共催: 名古屋市
後援: 名古屋工業大学、人工知能研究開発ネットワーク
日程: 2020年12月15日(火)~16日(水)
会場: Zoomによるオンライン開催

【プログラムの概要】
■ 12月15日(火)
9:00 開会挨拶
野田 五十樹 氏(人工知能学会 会長)
9:05 技術紹介
「製造業のためのAI,IoT入門 安価に始める振動・環境モニタリングと異常検知」
大塚 孝信准 氏 (名古屋工業大学 准教授)
10:05 事例紹介
「DeNAにおけるAI活用事例」
山田 憲晋 氏 (ディー・エヌ・エー 部長)
11:05 事例紹介
「AI品質」
光本 直樹 氏 (デンソーAI研究部 課長)
12:00 ランチタイムセッション
スポンサー企業2~3社からのプレゼンテーションを予定
13:00 招待講演1
「Online Learning-to-Rank for Music Voice ER l」
Joaquin A. Delgado 氏 (Amazon Music, Head of Applied Science Research)
14:00 基調講演
「AI in the great reset」
北野 宏明 氏 (ソニーコンピュータサイエンス研究所 代表取締役社長)
15:40 事例紹介
「AIの助けを借りた脳老化と認知症のホワイトボックス化:私どもの取組み」
渡辺 宏久 氏 (藤田医科大学 教授)
16:40 ツール入門
「Pythonで学ぶ機械学習+Deep Learning Framework」
佐久間 拓人 氏(名古屋工業大学 助教)
■ 12月16日(水)
9:00 挨拶
木下 隆利 氏 (名古屋工業大学 学長)
9:05 技術紹介
「しゃべるバス停:AI技術を活用した次世代公共交通と街づくり」
山本 大介 氏 (名古屋工業大学 准教授)
10:00 事例紹介
「実用的なAIサービスの作り方」
山口 陽平 氏 (来栖川電算取締役)
11:00 招待講演2 (パネルディスかション)
竹内 康臣 氏 (トヨタAI統括室長)
岡田 陽介 氏 (ABEJA代表取締役社長)
三口 大登 氏 (ナゴヤホカンファシリティーズ代表取締役)
江龍 修 氏 (名古屋工業大学 産学連携室長)
12:10 ランチタイムセッション
スポンサー企業2~3社からのプレゼンテーションを予定
13:00 招待講演3
「地域経済と両立するCOVID-19感染予防策の検討」
倉橋 節也 氏 (筑波大学 教授)
14:10 公開市民講座
「人工知能技術とうまく付きおう ~人工知能技術の現在・過去・未来と社会への活用普及について~」
浦本 直彦 氏 (人工知能学会 前会長、三菱ケミカルホールディングス 執行役員)
15:20 全般
「AIと倫理と社会状況」
中川 裕志 氏 (理化学研究所 チームリーダー)
16:20 事例紹介
「フラッシュメモリ事業における人工知能技術の活用」
折原 良平 氏 (キオクシア 技監)
17:10 閉会挨拶
吉岡 健 氏 (人工知能学会 理事、SIAI実行委員長、富士ゼロックス研究主幹)

講演内容の詳細につきましては、下のページを参照ください。
・基調講演・招待講演: https://www.ai-gakkai.or.jp/siai/program/invited-talk
・チュートリアル: https://www.ai-gakkai.or.jp/siai/program/tutorial
・市民講座: https://www.ai-gakkai.or.jp/siai/program/citizen

【参加費】
人工知能学会員: 2,000円
名古屋市在住・在勤の方: 2,000円
一般: 4,000円
学生: 無料
※ 上記はクレジットおよびコンビニ決済の場合です。請求書発行の場合は上記+1100円となります。

【参加申込】
参加申込は下のページから行ってください。
https://www.ai-gakkai.or.jp/siai/participant/attendance
申込期日は、クレジット決済ならシンポジウムの前日 (12月14日17時)、請求書による申し込みはイベントの14日前 (12月1日17時) になります。当日申込はできませんので、ご注意ください。

« 書籍出版『Why Digital Displays Cannot Replace Paper』 | トップページ | 読売新聞朝刊1面にコメントが掲載されました »

学会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 書籍出版『Why Digital Displays Cannot Replace Paper』 | トップページ | 読売新聞朝刊1面にコメントが掲載されました »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30